anaya 2.jpg

私たちのストーリー

フィリピンの遠隔地を旅していたとき、私たちはそこに存在する生物多様性の高さに気づきました。地元の養蜂家の方とお話をし、マヌカハニーだけが医療用蜂蜜ではないことがわかりました。自然は、小さいながらも効能の高い蜂蜜を作ってくれるあまり知られていない蜂の品種を私たちに与えてくれました。トリゴナ(Tetragonula)は、フィリピンに生息するスティングレスビーです。

 

どちらかというとハエのように見えるこれらの鉢は、農場での有害化学物質による不幸な犠牲者である。ほとんどの場合、目にすることができず、知られていないため、自然界での彼らの役割の価値も認識されていません。しかし、破滅的な個体群減少を目の当たりにしてきた他の蜂と同様に、これらのハチもマンゴー、パイナップル、ココナッツ、ピリナッツなど、私たちに食べ物を与えてくれる数多くの作物に受粉するという重要な役割を果たしています。

 

この減少は、主に化学農薬や化学肥料を使用した悪い農法によるもので、蜂の個体数の減少を招き、私たちの健康に害を与えています。フィリピンの多くの農家は、こうした慣行のせいで何世代にもわたって貧困の連鎖に巻き込まれています。 私たちは養蜂家の方々と一緒に、作物の品質、収穫量、そして最終的な生計を向上させることを願って、彼らの考え方や農法を変えることに懸命に取り組んでいます。

徐々に、小規模農家のコミュニティが自分たちで自然農薬や自然肥料を作る方向に移行しているのを目にしています。彼らは今、有機栽培された作物を生産し、より多くの作物を収穫し、副収入としておいしいトリゴナ蜂蜜を販売しています。